《優良な木材の供給》
健全な森林から生産されるきれいで丈夫な西川材の供給を通して、豊かな生活空間の創造をお手伝いしています。

《生活環境の保全》
屋敷林や市街地の公園樹、街路樹などの枝きり・整形等を行い、生活環境を 快適に保全しています。

《健全な森づくり》
優良な森林資源を次世代に継承すると共に、CO2の吸収を活発にし 地球温暖化を抑制するため、間伐事業を積極的に実施し元気な森をつくっています。

【植林】

木材の生産を目的としたものの他、森林保全、特に環境保全活動として木を植えていきます。もちろん森林の正常な生態系の保護、しいては森林の二酸化炭素吸収作用で、地球温暖化対策という側面もあります。

 

【伐採・間伐】

森林は木材生産機能だけでなく、水土保全機能等の多面的な機能を有しています。森林の無秩序な伐採が行われると山崩れなど災害発生の誘因ともなり、その後の森林機能の回復には長い年月と多大な経費が必要になります。健全な森林を保つため定期的に木や枝を整備し、間伐材などの利用需要へ供給します。

 

【枝打ち】

木の生長には光・水・土が不可欠です。そのためには、地面に適度な光を入れることと、木の枝に光を当てるよう環境を整える必要があります。木の伸長により全ての枝葉を整理する必要はありませんが、木の成長に合わせ「枝打ち」作業をする必要があります。また、「枝打ち」をすることにより製材品となったときは「節」のない柱や板を製造することができます。これらの「節」のない柱や板は住宅を建築する場合に高級品として扱われます。

 

【獣害対策】

植林をした後、木が大きく育つまで木の皮をシカ等に食べられ、植林した苗が枯れてしまう被害が発生しています。それ等にも様々な防護をしています。

 

【路網の整備】

伐採・搬出・販売をするために路網の整備は最重要課題となっています。ドイツ等森林林業の先進国では、1haあたり80m程度の長さで路網が整備されています。従って機械化も進みそれだけ伐採・搬出の経費が削減されています。
日本の場合、路網の密度は1haあたり10m程度です。当西川地域でも同じ事がいえます。組合としては路網の整備に全力で取り組んでいるところです。

 

【森林相談】

  • 間伐等の山の手入れをしたい
  • 山の木を売りたい・買いたい
  • 境界を確認したい
  • 住宅周辺整備をしたい

その他山や木のことについてご相談をお受けします。

【住宅建築相談】

設計から地元工務店・製材品等家づくりのご相談をお受けします。